アテニアのリフトジェネシスがたるみに効く

アテニアのリフトジェネシスがたるみに効果的な訳は!?

リフトジェネシス,アテニア,たるみ

アテニアは1989年に創業した化粧品と健康食品の製造や販売を行っている企業です。

 

大手化粧品・化粧品メーカーファンケルのグループ企業としても知られています。
高品質路線と低価格路線を両立しているのが特徴で、一流ブランドの化粧品と同レベルの品質を3分の1の価格で提供することをモットーにしていることから、多くの女性達から長年支持されてきました。

 

そんなアテニアから発表されたのが、リフトケア用の美容液であるリフトジェネシスです。

 

アテニアが独自の調査を行った結果、女性の肌はある一定の年齢に到達すると急激に加齢による変化を自覚するようになることが判明しました。
30代後半から急転直下で肌が老化するようになる人が増え始め、40歳頃に最も多くの人が老化を自覚するようになります。

 

このような現象が起こるのは、加齢のせいでコラーゲンの合成に関わっているSVCT2遺伝子が発現されなくなっていくからです。
SVCT2遺伝子の発現量は若い細胞に比べて老化細胞になると大きく減少してしまうので、若いころには質と量ともに充分だったコラーゲンも、中年期以降になると質も量も劣化することになります。

 

コラーゲンが減少した肌はハリが失われるので、次第にたるみが目立つようになってしまうのです。
肌の弾力で支えられていた脂肪も位置がずり落ちてくるのでフェイスラインが崩れ、体重が増えていなくても顔が太ったような印象になる人もいます。

 

コラーゲンの質と量の問題を改善するために作り出されたのが、アテニアのリフトジェネシスなのです。

 

リフトジェネシスの最大の特徴は、コラーゲン応答ペプチドの存在です。
あまり見かけない成分名ですが、これはアテニアの独自成分です。

 

SVCT2遺伝子の発現量を回復させる効果があるペプチドで、コラーゲンの合成を促進させるために配合されています。
コラーゲンの質をよりよい状態に変化させることで、若い肌のように太くて丈夫な状態に戻します。

 

コラーゲンの質と量が回復すれば、たるみがなくなりリフトアップにもなるという仕組みです。