アテニアのリフトジェネシスがほうれい線に効く!

アテニアのリフトジェネシスがほうれい線に効果を発揮!

リフトジェネシス,アテニア

ほうれい線を何とかしたい!

 

大人の女性らしく輝いて毎日を過ごせるようにエイジングケアをすることで、加齢に関連した症状を少しでも和らげたり遅らせるようにしている人は多いですよね。

 

しかし、どんなに力を入れてエイジングケアをしていても急転直下でエイジングが進んでしまう人が大勢いることがアテニアの調査でも判明しました。

 

急にエイジングが進む主な要因はコラーゲンの合成に関連する遺伝子の発現量が大きく減少するからです。
SVCT2遺伝子という名称がつけられていますが、アテニアはこの遺伝子に着目することで新しいリフトケア用の美容液を誕生させました。それがリフトジェネシスなのです。

 

リフトジェネシス,アテニア

40代になると多くの女性が経験することになる急転直下のエイジング現象ですが、ほうれい線やゴルゴラインなどが同時多発的に発生するという特徴があります。

 

20代の頃はコラーゲン線維も一本一本が太く強靭な状態なので、ハリと弾力があり顔の肌もモッチリとしてメリハリもある状態でした。
保水力も高いので肌の潤いも十分な状態でキメの整った肌です。

 

ところが、エイジングに伴ってSVCT2遺伝子の発現量が減ると次第にコラーゲンも変質していき、30代にはコラーゲン線維がやせ細るようになりたるみや毛穴の開きが起こりはじめ、40代になるとついに弾力が失われてほうれい線や色々な肌悩みが出現するようになるのです。

 

このままエイジングケアをしないとさらにコラーゲン線維は量が減少したり、一本一本の繊維が切れやすくなり、肌がしぼんだり土台が崩れていってしまいます。

 

アテニアのリフトジェネシスは独自成分のコラーゲン応答ペプチドの働きで、SVCT2遺伝子の発現量を増加させて太く頑丈なコラーゲンを合成するように促します。

 

さらにハリ防御エキスがコラーゲンの質の向上を助けたり、活性酸素によるストレスを無毒化する方向に働いてくれます。

 

リフトジェネシスの有効性試験でもほうれい線のしわの深さが4週間で1話割近く減少したり、肌のキメや水分量の回復効果も見られます。

 

加齢に負けずに輝く女性になるためのパワーがアテニアのリフトジェネシスには秘められているのです。