リフトジェネシスのコラーゲン応答ペプチドとは

リフトジェネシスの主成分 コラーゲン応答ペプチドって何?

リフトジェネシス,アテニア

アテニアのリフトジェネシスは、肌にハリを与えることができるエイジングケア美容液です。

 

そんな美容液に配合されているコラーゲン応答ペプチドについて、どのような成分なのか説明します。

 

まず、人の肌内部にはコラーゲンが多く含まれているため肌にハリがあります。
そのコラーゲン生成を促すのがSVCT2遺伝子です。

 

これが線維芽細胞に働きかけることでコラーゲン生成を促すことができるのです。

 

しかし、加齢とともにこのハリは失われていきます。
その理由は肌内部でSVCT2遺伝子が減少してしまうからです。

 

するとコラーゲンが細くなったり、減少したり、質が低下してしまいます。
そのため、次第にハリが低下し、毛穴が目立つようになったり、肌にたるみが生じてしまうのです。

 

コラーゲン応答ペプチドには減少してしまったSVCT2遺伝子を増やす効果が認められています。
それにより肌にハリを与えることができるのです。

 

さらにこの成分はコラーゲン輸送体を増やす効果もあり、質の良いコラーゲンを作ることができます。
そして、肌のターンオーバーを促進する真皮細胞を活性化することができます。
そのため、加齢とともに増えるエイジングサインをケアすることができるのです。

 

このように、アテニア「リフトジェネシス」に含まれているコラーゲン応答ペプチドとは、コラーゲンの生成前に働きかけて質の良いコラーゲンを増やすことができる成分です。

 

そのため、ただコラーゲンを増やすだけでなく、太くしっかりしたコラーゲンの束を作りやすくします。
さらにターンオーバーを活性化する作用もあるので、きめの細かい潤いのある肌にすることができます。

 

このようなことから、リフトジェネシスはリフトアップ効果が高く、ハリの低下やたるみが気になってくる方におすすめの美容液という事が出来ます。

 

コラーゲン応答ペプチドは細胞の段階から働きかけることができるので、質の良いコラーゲンで肌を満たすことで若々しい肌にすることができるのです。