アテニアのリフトジェネシスとSVCT2遺伝子について

アテニア リフトジェネシスの効果のキモ SVCT2遺伝子とは?

リフトジェネシス,アテニア

アテニアのリフトジェネシスは40代からのリフトケアに効果が期待できるとされている美容ケアです。

 

「SVCT2遺伝子を活性化してコラーゲンの質を上げる」というリフトジェネシスの効果。

 

では、そのSVCT2遺伝子とは何なのでしょうか?

 

たるみの原因 SVCT2遺伝子の減少

40代から急激に表れる輪郭のたるみ、ゆるみは年齢と共にコラーゲンの質が低下することが原因であると言う点にアテニアは注目。
そしてこれを改善するためには、遺伝子レベルで生まれる前からコラーゲンの質を高めることが重要であると言う結論を導き出しています。

 

そのために必要な成分がリフトジェネシスには配合されており、その成分として挙げられるのがコラーゲン応答ペプチドと呼ばれる成分です。

 

ではこのコラーゲン応答ペプチドがどのような作用をもたらすのかと言うと、これはSVCT2遺伝子の増加に対する作用です。

 

年齢と共に何故、コラーゲンの質が弱くなり、その結合密度が低下するのかを研究していく中で、アテニアはそれにはSVCT2遺伝子の量が関係していると言うことを明らかにしました。

 

SVCT2遺伝子には外側からビタミンCを取り込む作用があり、コラーゲンの生成にはビタミンCが欠かせないため、SVCT2遺伝子が十分であれば質の良いコラーゲンが作られやすいと言うことができると言うメカニズムです。

 

ですから40代からのリフトケアにはコラーゲンの質を高めるこの遺伝子を増やすことが効果的であり、そのための成分を美容液に配合することが望ましいと言う結論に至ったわけです。

 

その結果として配合されたのが、SVCT2遺伝子を増やすことに作用があるとされているコラーゲン応答ペプチドです。

 

従来、コラーゲンそのものを配合し、それを外側から取り入れることでリフトケアを目指す美容液は数多くありました。
しかしリフトジェネシスは遺伝子レベルで、コラーゲンの生成や質に関与する成分を含んでいると言う点において、従来の美容液とは一線を画す存在だと言うことができます。

 

コラーゲンの質の低下は年齢だけだけでなく、日々の紫外線ダメージなどでも起こり得る現象です。

 

よってアテニアのリフトジェネシスは、40代以外の年齢層の人、そのリフトケアにもうってつけの製品だという事が出来ます。